トップページ > 家庭菜園情報 > きゅうりの露地栽培(H29年4月号)

きゅうりの露地栽培(H29年4月号)

  1. 作型

 

  1. 栽培管理と留意点  ※下表は4月下旬定植に合わせてます※
項目 時期 栽培上の留意点
立地条件 排水が良く、梅雨時期に畝溝に水が溜まらず、かん水可能なほ場を選ぶ。
本圃準備 3月下旬
定植 4月下旬

 

定植前に植穴にかん水しておき、晴天日の午前中に植えつける。

畝幅

140cm、株間80cm、1条植え(約90本/1a)

 

かん水 活着(本葉8枚頃)までは十分なかん水を行い、その後は1番開花までかん水を控えめにし、根を深くはらせる。1番開花以降はかん水量を増やし、水を切らさないように少量多かん水を行う。
追肥 5月中旬

 

主枝第1花、開花時(本葉8~9枚頃)から施用する。追肥は10日毎に1回当り有機肥料1.5kg/1a施用する。長雨時期は、1回当りの追肥量を少なくし、回数を多くする。干ばつ期は、かん水と一緒に液肥を薄く施用する場合もいいでしょう。
整枝・摘芯

 

 

 

 

 

 

摘葉

 

5月下旬 主枝は20節位で摘芯し、5節以下の側芽も除去する。5~7節から出る子づる1本を遊びづるとして伸ばす。その他の子づるは1~2節で摘芯する。孫づるは、生育初期~中期は1~2節で摘芯し、その後は草勢に応じて半放任とする。

摘葉は1回に1~2枚程度とし採光

と通風を図る。

<病害虫対策>                           

問題点 解決策
うどんこ病

ベト病

ポリオキシンAL水和剤 1000倍 収穫前日まで 使用回数は2回まで
ウリハムシ マラソン乳剤      1000倍 収穫前日まで 使用回数は3回まで

 

 

 

 

 

 

 

◆肥料・農薬については各支所・グリーンセンターにて取扱いをしています。

◆苗の注文については育苗センターにて行っています

2017.08.08

記事一覧

JAたがわ
田川農業協同組合
〒825-8588
福岡県田川市伊田3550

TEL 0947-44-4030

Google Map