トップページ > 家庭菜園情報 > キャベツ栽培について (H28年8月号)

キャベツ栽培について (H28年8月号)

2808

■秋品種の特徴

輝岬

耐寒性、低温肥大性にすぐれたサワー系。球色はみずみずしい鮮緑色で、形状は甲高扁円球によくそろう。

湖水

萎黄病に抵抗性があり、食味・食感に優れるサワー系。球はツヤがあり濃緑色。形状は甲高でしまりがよく、肥大性に優れる。

耐寒大御所

耐寒性が特に強いので、結球後も寒害を受けることが少ない。球形は扁平で1.5kg程度に太るので、肥大性が優れている。

準備するもの

元肥:土根性(牛フン) 300g/㎡…①
:粒状苦土石灰 100g/㎡…①
:JAたがわ専用48号 100g/㎡…②
①は定植2週間前までにおこなってください。
②は定植1週間前までにおこなってください。

追肥:NK2号 300g/㎡…③
③は定植後2週間頃と結球開始前におこなってください。

植えつけ

キャベツの苗は、タネをまいて育苗するか、育苗センター等で販売されるものを入手します。アブラナ科の代表的な連作障害、根こぶ病にかかると収穫ができません。植え場所は、2~3年アブラナ科野菜を栽培していない場所を選びましょう。畝幅120~140cm、株間32~36cm、条間50cm2条植えで、水をたっぷり注ぎます。

水が引いたら苗を植えつけ、株元をしっかり押さえておきます。

管理

【水やり】
乾燥が激しい場合、たっぷりと水やりします。
【追肥・土寄せ】
植えつけ後、本葉が10枚程度に成長したら、株元に軽く土寄せし、化成肥料を1週間毎に2~3回与えます。第2回目の追肥は、その1ケ月後。同様に土寄せし、肥料を与えます。

収穫

球が肥大し、手で押してみて固く締まっていれば収穫適期です。収穫が遅れると、裂球することがあります。取り遅れには注意しましょう。

栽培カレンダー

輝 岬 定植→10月上旬  収穫→2月上旬~4月上旬
湖 水 定植→10月上旬  収穫→2月中旬~4月中旬
耐寒大御所 定植→10月上旬  収穫→3月上旬~5月上旬

病害虫対策 (問題点 解決法)

菌核病 ベンレート水和剤 2000倍 収穫7日前まで 使用回数は6回まで
ハスモンヨトウ等 プレバソンフロアブル 2000倍 収穫前日まで 使用回数は3回まで

2016.08.31

記事一覧

JAたがわ
田川農業協同組合
〒825-8588
福岡県田川市伊田3550

TEL 0947-44-4030

Google Map