トップページ > 家庭菜園情報 > 金魚草(キンギョソウ)の鉢植え (H28年9月号)

金魚草(キンギョソウ)の鉢植え (H28年9月号)

2809

金魚草は、花の咲いた姿が金魚のように見える一年草です。こぼれた種でも芽を出し、花を咲かせるほど育ちやすい植物です。

開花期 5月上旬~7月下旬
タネまき 10月中旬~11月上旬
植替え 11月上旬~11月下旬
肥 料 11月上旬~12月下旬

◆種まき

9~10月頃が種まきの適期です。18~20度が発芽温度で、種まきから7日ほどで発芽します。育苗ポットやセルトレイに土を入れ、種をまきます。土は被せずそのまま風通しと日当たりのよい場所で管理しましょう。発芽して、本葉が7~8枚に育つまでは、土が乾燥しないように水やりをします。

◆苗植え

10月下旬~11月上旬頃、本葉が7~8枚になった苗を植え付けます。鉢植えの場合は、底に軽石と土を入れ、苗を植え付けましょう。地植えの場合は、霜が当たらない半日陰や明るい日陰に植え付けます。

◆土作り

鉢植えは、赤玉土(小粒)7:腐葉土1:川砂1ほどの割合で混ぜた土か花と野菜の土を使います。

◆水やり

鉢植えは、土が乾いてからたっぷり与えます。花に当たると花が痛んで枯れるので、根元にそっとそそぎます。地植えは特に必要ありません。

◆肥料

元肥は必要ありません。追肥で植え付け後、固形油粕やIB肥料を置き肥してください。

病害虫

病害虫
農薬
希釈倍数
使用時期
使用回数
灰色カビ病 ベンレート水和剤
2.000倍

6回

アブラムシ アルバリン顆粒水溶剤
2.000倍
5回

※H28.9.16現在
◆種子・肥料・農薬については、各支所・グリーンセンターにて取り扱いをしています。
◆農薬の使用にあたっては、ラベルの記載に従って使用してください。

2016.09.30

記事一覧

JAたがわ
田川農業協同組合
〒825-8588
福岡県田川市伊田3550

TEL 0947-44-4030

Google Map